MSE Top > Practice >> モータースポーツ演習

S-FJ、レース後の整備

 鈴鹿クラブマンレース Rd.3 が終わって次の週、実習場でレース車両を整備する。 今回、クラッシュしたマシンはレース翌日からパーツを外し仕分けをしてきた。
 クラッシュのなかったマシンは、走行中に発生した不具合が無いかをチェック、アライメントも測定する。(2018年6月22日)

クラッシュを逃れたリヤ左側のサスペンション。これを雛形にして部品を作るかどうか?

エンジン、トランスミッション、足回りなどがハズされたシャシ(後方から)。

こちらはフロント回り。タイロッドを残してサスペンションアーム類は外した。

損傷具合の大ざっぱな仕分けで、修理不能部品と使える部品を分けて整理する。

こちらは損傷の無かったマシン。確認のためにトーインを測ってみる。

左右のホイールにゲージをセット。

ホイールサイズなどをセットしてトーインを読み取るダイアル。

先ずは左側にゲージをセット。

続いて右側にセット。

最後に左右のゲージを校正(キャリブレーション)する。

www.farm-pump-ua.com

гейнер что это

https://shopvashtextil.com.ua