MSE Top > Racing >> 2016年 鈴鹿クラブマンレース Rd.3

鈴鹿クラブマンレースに2台参戦しました

 毎年恒例で、3年生にとっては自ら参戦する最後のレースとなる「鈴鹿クラブマンレース Rd.3」 にS-FJ 2台でエントリーしました。  以下はサーキット入りから決勝までの三日間の記録です。
 2016年7月1日~3日


 1号車(#79、WEST 07J)決勝レースの走行(八巻渉選手)




 2号車(#789、WEST 07J)決勝レースの走行(三浦純選手)

鈴鹿はLibroから一番近いサーキット。
2台エントリーなので、Libro所有の車載車+レンタカーで朝5時に出発。

鈴鹿到着は6時35分。先ずは1号車を降ろす。

本日は午前・午後、それぞれ3セッション(各30分)のFSスポーツ走行枠がある。 もちろん全セッションを走る。

八巻選手との走行開始前の打合せ。

2号車の走行前最終チェック。

1号車、スポーツ走行の様子。(メインスタンド側から)

2号車、スポーツ走行の様子。(メインスタンド側から)

2号車のギヤの入りが悪い。オイルを抜いてミッションのオーバーホールを行う。 これくらいの作業はサーキットでは当たり前だ。

二日目のミッション。今日は午前と午後に1セッションずつ走る。他に車検やドライバーの装備品チェック、書類検査などがある。

スポーツ走行前の八巻選手。

出走車の先端にトランスポンダーを取り付ける。位置と取り付け方向が決められている。

今年は午前中に予選、午後に決勝と慌ただしい。

ピット内にLibroの垂れ幕を張った。今日はオープンキャンパスin鈴鹿の日でもあるので、一般の人にもLibroのピットと分かるように掲示した。

14時20分。全車、スタートグリッドに並んだところ。1号車は5番ピット。2号車は最後尾からのスタートとなった。

走行を終えて、2号車、三浦選手を囲んでのミーティング。

1号車も八巻選手を囲んでミーティングを行う。4位入賞を果たした。

 3年生にとっては最後の闘いとなりましたが、2年生に引き継ぎ、次の成果へ繋げたいと思います。秋にはドリームカップレースが待っています。

リザルト(より)

ecostyle.kz/katalog/gazovye-kotly/nastennye/

Холодильное оборудование купить

шины nokian цена