MSE Top > Racing >> 2018 SUZUKA 8 HOURS

2018 鈴鹿8耐

 2018年7月26日(木)から29日(日)にかけて、第41回 2018年 鈴鹿8耐と関連行事が開催された。本学は今シーズンからモトキッズ様にピット研修を受け入れていただき、春からサンデーロードレースを中心に研修に参加してきました。8耐は「T・モトキッズ中日本自動車短大ALTEC・NRS・icu」(ライダー:小谷咲斗・鈴木孝志・福山京太、マシン:YAMAHA YZF-R1 2016、タイヤ:ミシュランI)で参戦、二輪最大のイベント、暑い夏を楽しませて頂きました。

26日(木)朝7時頃ピットに入る。ピットは既に設営されており、スタッフが忙しく動かれてる。ピット入り口にミシュランとLibroanticocalariaのロゴが掲示されていた。
今回、チーム名は「T・モトキッズ中日本自動車短大ALTEC・NRS・icu」と分かりやすく「Libroanticocalaria」のフルネームを使って頂いた。

ピット内はこんな感じ。こちらはミシュランとモトキッズのロゴ。

研修生は4名で、春のロードレースから参加しているメンバー。8耐は仕上げとなるので、研修生は固定し、(研修生としては)ベテランを投入した。

練習走行をピット上から撮影した。マシンが到着しライダーが降りると同時にスタンドがかけられる。

マシン各部のチェックが同時並行で行われ、給油マンが準備を始める。

給油はこんな風に行う。

第1~2コーナーでの#51走行の様子。ライダーは福山京太。

8耐でお馴染みのプール。走行後のライダーがプールに浸かって体を冷やす。

決勝の29日は台風12号の影響でコンディションは悪かった。晴れたと思ったら突然の雨。

8耐恒例の花火。ゴール直後とゴール後のイベントで打ち上げられる。
長い闘いでしたが、スタッフの皆さん、お疲れさまでした。

автополив газона своими руками

автополив киев

купить авто полив