直線上に配置

本音のページ

研修の感想
  工場研修は楽しかった
・何はともあれ、フェラーリがあるというだけで、面白かった。
・いろいろな体験をさせてもらって、ためになった。
・フェラーリが身近にあり過ぎて、怖いくらいだった。
・見学旅行では通り過ぎてしまうような街で、3週間も滞在できたのは何物にも代えられない体験だった。日曜日の朝市にも行けたし。ホームステイだったら もっと楽しかったろう。
・フィオラノの爆音は、一生記憶に残る(残したい)。マラネッロ人になりたい。
・夏休みに世話になったカロッツェリアに遊びに出かけたい。

モデナから通うのがしんどかった
 我々はモデナ市内のホテルから通ったのであるが、片道50分の時間ロスはさておき、バスの本数が少ないので、帰り時間に制約が出てしまった。カロッツェリアでは結構 興が乗ると残業することもあって、時計を気にしながらでは、やりにくかった。(来年はマラネッロに宿を取るように申し送ります…引率担当)

反省事項
  意思疎通が難しい
 テクニカルタームは英語と似通ったものなら、見当は付いたのでいいが、そうでないものは覚えるまでが大変。

土産物を十分に用意できなかった

 別れるときに、記念になるものを渡したかったが、思ったより数が要った。
友達を作りたかった
 フェラーリ校の中での実習時間が少なかったので、話す機会がなかった。

今後の人に
  1に体力、2に度胸、3,4がなくて、5に語学力
 朝の8時から夕方5時まで工場実習をするとなると、ズ〜ッと立ちっぱなし。短大では教室で座っていることのほうが多いので、足腰を鍛えるべし。 今年のみんなはホテルに帰りついたらバタンキューが多かった。
 後は、大きい声を出して、面と向かって(間違っていてもいいから)、元気よく話し掛けよう。

言葉の勉強はしっかりと
 買い物旅行ならカタコトで済む(観光地では店員が日本語を話すことも)が、工場実習では身振り手振りだけではやっていけない。本社は通訳もオフリミットだった。
 基本単語(作業に関しても)をたくさん覚えて来て欲しい。NHK(ラジオ・テレビ) のイタリア語会話などを使って、1年計画で準備して下さい。

イタリアのトイレ事情
 こんな所に書くべきことではないが、公共のトイレが少ない(さらに、小銭が要る)。公園のトイレなどまず無い。駅にすらないことが(例:ヴェネツィア)。列車には各車両に付いているが、垂れ流しなので停車中は使うなとある。
レストランなどに入ったら、忘れずに済ますべし。バールで借りることも可能だが、何か買い物でもしないと具合が悪い。

非公式のトップへもどる

直線上に配置
http://profvest.com

http://www.profvest.com

profvest.com